不幸・不運が続く原因


※原因は「徳の貯金が少ない・不足」からです。

不幸、不運、災難、悪縁、いつも壁にぶち当たる。波乱万丈な人生、一時はよい時期はあるが、また凶事が続く、何事も思い通りに行かない。何か目に見えないものの力で不幸・不運に引き込まれているような気がする。そんなことを感じたことはありませんか。

徳の貯金とはなにか!

特別に良い事があった場合などに「一生分の運を使ったな!」そんな言葉を聞いたことがあると思いますが、それが『運』『徳』です。「徳」とは「損(そん)・得(とく)」の意味とは異なり、恩恵。守護また、大難は小難へとご神仏様から有難い運気を与えられることを言います。また、その「徳」は急迫した時。いざという時に「徳」=「運」が左右し救われる事こそが「徳」の貯金なのです。別な言い方では、最悪の状況にならない。ともいえるでしょう。

なんで徳の貯金が少ないのか!

主な原因は、両親・ご先祖様から受け継いだ遺伝、因縁が深く関係しています。

例えば:間違った信仰をしていた・ご神仏の怒りに触れる行為をした(稲荷神)(井戸)など・ご先祖のお墓参りをしていない・ご先祖様にお経が少ないまたは、お経を上げたことがない・回忌を行わない・お盆、お彼岸の供養をしない・などさまざまな要因があります。

徳を積むには!

ご先祖様の間違いを正す(先祖因縁の浄化)ことです。方法としては私たちがご先祖様に代わり(御礼・お詫び・供養など)して行くことでもあり、ご自身が徳を積むことが必要です。

まずは、お話をお聞きし、今の状況を確認した後、方法を検討いたします。例として、ご神仏様の怒りを鎮める・古きご先祖様の供養・邪魔をする邪気を祈祷(お祓い)・ご先祖様の因縁浄化を行うなど、状況によって他の方法も用います。徳積みとは、漢方薬と同じように即効性のあるものではありません。焦らずに改善させ良い人生を歩んで行きましょう。

(神奈川県厚木市 観音院)受付時間は9時30分から5時となります。

ご案内項目一覧